ConoHaWINGで始めるWordPressブログ開設手順 2022

WordPress

はじめに

この記事では、僕が実際にWordPressのブログを開設した手順を共有したいと思います。

ブログを始めるにあたっては、こちらの書籍を参考にさせていただきました。


この記事で分かること
これからブログを開設しようとしている人に向けて
  • ブログ開設前に検討しておくべきこと
  • ConoHaWINGの申し込み手順
  • WordPressの初期設定

ブログ開設前に検討しておくべきこと

まず初めに、ブログを開設する前にやっておいた方がよいことがあります。

ブログ開設前にやっておいた方がよいこと
  • ブログのタイトルを決めておく
  • ブログのコンセプトを決めておく
  • あらかじめ記事をストックしておく

これらを決めておくことで、ブログサイト開設後に即記事を公開することができます。

僕の場合、ある程度決めてはいたんですが、とりあえず開設しちゃえ!と思って先に開設しちゃいました。その結果、開設後に0記事の状態が何日か続いてしまいました。

後述しますが、ConoHaWINGでブログを開設すると、月額1000円ぐらい料金がかかっています。せっかくブログを開設したのに記事が0という状態は、このお金をドブに捨てているようなものです。

ブログ開設後は即記事が公開できるようにしておきましょう

WordPressやレンタルサーバとは何か?について既にご存じの方は、申し込み手順までスキップしてください。

WordPressとは

そもそもWordPressとは何か?についてですが、簡単に言うと、良い感じのデザインのWebサイトが構築できるソフトウェアのことです。

Webサイトを一から構築しようとすると、HTMLやCSS、JavaScript等のプログラミング言語を用いることになり、専門の知識がないとハードルが高くなります。

しかしWordPressを用いると、プログラミング等の専門の知識がなくても、ブラウザをポチポチするだけで良い感じのデザインのWebサイトやブログが構築できるのです。

このブログサイトもWordPressを用いており、プログラミングは一切していません。
(エンジニアなんだからコード書けよ、というツッコミは僕には聞こえません)

ConoHaWINGとは

ConoHa WING(コノハウィング)とは、レンタルサーバサービスです。

レンタルサーバとは

Webサイトを構築するにはまずサーバが必要です。そのサーバを自分で用意するとなると、めちゃめちゃめんどくさいです。手間とお金がアホ程かかります。

サーバを自前で用意するスタイルをオンプレミスと呼びます。オンプレミスでサーバを導入するのは、セキュリティ要件の厳しい大企業ぐらいです。

昨今はクラウドサービスを利用するのが常識となっています。クラウドサービスとは、大量のサーバをデータセンターと呼ばれる大きい建物の中に収容し、インターネット経由で利用者にサーバ自体を間借りさせたり、サーバにインストールされたソフトウェアを利用させるサービスのことです。

クラウド企業の有名どころだと、AWSとかAzureですね。国内だとさくらインターネットが有名です。

若干話が脱線しましたが、レンタルサーバとはクラウドサービスの一種で、サーバを間借り(レンタル)させてもらうサービスのことです。

特にConoHaWINGは、サーバをレンタルできるだけでなく、WordPressを超簡単にセットアップできるサービスもセットになっています。

ConoHaWINGの特徴

WordPressを超簡単にセットアップできるレンタルサーバ屋さんは、ConoHaWINGの他にもあります。有名どころとしては、

  • エックスサーバ
  • ロリポップ!
  • mixhost

などが挙げられます。中でもConoHaWINGの特徴としては、以下が挙げられます。

ConoHaWINGの特徴
  • 国内最速
  • 初心者にも分かりやすい管理画面
  • セキュリティ機能の充実

料金体系は、契約する期間によって変動します。長期でレンタルすればするほど1カ月あたりの料金は安くなります。

最安は、3年契約で月額493円です(2022年11月時点)。僕の場合、ブログが続くか自信がなかったので、ひよって6カ月契約にしました。月額1,100円なので最安料金と比べると少々お高くなってますね。

ちなみに時間単位の課金プランもあります。1時間4.4円で、1カ月最大で2,640円です。お試しで一瞬だけ開設してみたいって人には良いかもしれないですね。

申し込み手順

上記リンクからConoHaWINGのサイトに遷移します。

「お申込み」あるいは「今すぐアカウント登録」をクリックします。

初めて利用する場合は左の入力ボックスから使用するメールアドレスおよびパスワードを入力します。ConoHaアカウントを既に持っている方は右の入力ボックスからログインします。(以下は初めて利用する場合)

プラン選択

プラン選択画面に遷移するので、購入する料金タイプを選択します。

ベーシック、スタンダード、プレミアムというのはサーバの性能のことです。料金が高くなるほど高性能です。初めてブログを開設する場合はベーシックで十分かと思われます。

ドメインの設定には初期ドメインと独自ドメインという項目がありますが、基本的には同じ内容を入力してOKです。

初期ドメインは「***.conohawing.com」と書いてますが、これはサーバの名称として登録されます。

一方独自ドメインは「***.com(com以外にも選択可)」ですが、これがブログサイトのURLになります。なので初期ドメインはブログ運営において特に気にしなくても大丈夫です。ただし、

ドメインは後から変更できないので注意しましょう

後は、サイト名やWordPressユーザ名およびパスワードを入力します。パスワードは忘れないようにしましょう。

最後にWordPressのテーマを選びます。僕は無料のCocoonというテーマを選びましたが、参考書籍では有料テーマの中ではJINというテーマがおすすめ、と書かれていました。

僕もそのうちJIN使ってみようかなと思っています。

本人情報および決済

プランを選択したら、本人情報を入力し、クレジットカード等で決済を行います。

決済完了後は、WordPressのURLや管理画面の情報が表示されるので控えておきましょう。

これで申し込みは完了です。お疲れ様でした!

WordPress初期設定手順

無事にWordPressが利用できるようになりました。いよいよ、WordPressの設定を進めていきます。

まずはWordPress管理サイトにアクセスします。URLは申し込み完了時に控えてるかと思いますが、「https://<独自ドメイン>/wp-admin」という形式になっているはずです。

ユーザ名とパスワードを入力して、管理サイトにログインします。

ログインに成功すると、こんな感じのダッシュボード画面に遷移します。

テーマ選択

ConoHaWING申込時にCocoonを選択してる場合の手順を紹介します。

WordPress開設時にCocoonは既にインストールされていますが、有効化されていない状態になっているので、有効化しましょう。

左サイドメニューの「外観」→「テーマ」をクリックします。

Cocoon(親テーマ)とCocoon Child(子テーマ)が表示されるかと思います。Cocoon Childの方にマウスオーバし、「有効化」をクリックします。

親テーマを使用していると、カスタマイズした内容がテーマのアップデート時に消失してしまう可能性があるので、子テーマを使用するようにしましょう。

左サイドメニューの「外観」の上あたりに「Cocoon設定」という項目が出現すればOKです。

パーマリンク設定

パーマリンクとは投稿記事のURLのことです。記事公開時に、設定しておいたルールでURLが発行されます。

サイドメニューの「設定」→「パーマリンク」から設定画面に遷移できます。よくある設定内容としては、記事タイトルをURLに組み込む設定です。

例えば、https://my-blog.comというサイトで「WordPressブログの始め方」という記事を書いたとすると、その記事のURLは https://my-blog.com/WordPressブログの始め方 になります。
※ブラウザには、日本語のURLはエンコードされて表示されます

記事タイトルをURLにする設定は、「カスタム構造」を選択し、%postname%をクリックすればOKです。

パーマリンクの設定を途中で変更するとブログアクセス数の減少につながるので、必ず初期設定として実施しておきましょう

いわゆるSEOに関わる話ですね。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソール

ここが結構鬼門で、僕は色々ハマりました。ただ、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールはブログ運営する上で欠かせない存在なので、めげずに設定していきましょう。

設定手順は長くなるので、すみません、ググってください!(おい)
そのうち記事を作ります。とりあえずここでは僕がハマった内容を共有したいと思います。

CocoonとAll in One SEOとの競合

Googleアナリティクスの設定手順をググると、Googleアナリティクスとブログサイトとの通信設定において、All in One SEOというプラグインを利用した手順が多く掲載されています。
※トラッキングIDとか測定IDとかっていうキーワードが出てくる件です。

がしかし!テーマとしてCocoonを使用している場合、その手順はうまくいきません。

回避策を示します。

まず、Googleタグを取得します。この手順も中々複雑です。

Googleアナリティクスサイトの、「管理」→「データストリーム」→「(自分のサイト名のリンク)」と遷移すると、ウェブストリームの詳細という画面に遷移します。

こんな感じの画面に遷移します。次に、「タグ設定を行う」→「管理」タブ→「このGoogleタグを設定」→「手動でインストールする」

こんな感じの画面まで到達できれば成功です。表示されているコードをコピーしてください。

次に、またWordPressの管理画面まで戻ってください。

サイドメニューの「外観」→「テーマファイルエディタ」からhead-insert.phpというファイルを開いてください。

こんな感じの画面になるので、行末にコピーしたGoogleタグのコードを貼り付けて、ファイルを更新してください。

ファイルの更新に成功すれば、Googleアナリティクスとブログサイトの通信設定は完了です。

サーチコンソールが機能しない

前節でAll in One SEOというプラグインだとうまくいかないという話をしましたが、それでAll in One SEOをアンインストールもしくは無効化してしまうと、今度はサーチコンソールが機能しなくなります。

All in One SEOは別に消さなくても大丈夫です。サーチコンソールの利用にはAll in One SEOを活用しましょう。

プラグインのインストール

書籍でおすすめされていたプラグインを紹介します。

  • Google XML Sitemaps
  • Akismet Anti-Spam
  • SiteGuard WP Plugin
  • Rinker
  • EWWW Image Optimizer
  • Contact Form 7

詳細は省略しますが、とりあえず入れておいても損はないかと思います。

その他の設定

免責事項の作成

特にプライバシーポリシーに関しては、きちんとしたブログ運営を目指すなら免責事項のページは作っておいた方がよいと言われています。

作り方のサンプルもWordPressには用意されているので、それを参考にしながら作成するのがよいかと思います。

お問い合わせページの作成

プラグインの紹介で記載した、Contact Form7というプラグインを利用すれば簡単に作成することができます。

おわりに

僕もブログを開設したばかりなので、分からないことだらけですが、少しずつWordPress・ブログというものについて精通していければなと思っています。そうして得た知見はこのブログで随時発信していきたいと思います!

冒頭も書きましたが、ブログ開設にあたってはヒトデ氏の書籍を参考にしています。今回の記事では書籍に書かれている全てのポイントを紹介できたわけではないので、是非一度一通り読んでみることをおすすめします。


※文章の書き方やSEO対策はそこまで詳しく書かれていないので、それらを求めるならば他の書籍を参考にした方がよいです。また、種々の手順も結構簡略化して書かれてる部分が多いので、自身で調べながら進める必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました